テレアポ
テレアポ
テレアポ
Arrow
Arrow

アポ率が高い秘密

テレアポのアポ率が高い秘密はアポが取れそうなお客様だけを相手にしているからです。お客様になりそうにない人は相手にしないからです。繰り返しになりますが、そもそもテレアポの場合は、アポが取れることよりも、断られることのほうが圧倒的に多いのが実情です。したがって、営業の世界のセオリーとして、徹底的に粘って、断られでも切り返してしつこくやることを教えられます。このように教わった人は、一心不乱に電話をします。しかし、そんなやり方は長続きするはずもなく、テレアポ嫌いを増やすだけなのが現実です。考えてもみてください。テレアポの場合は、通常、自ら集めてきたリストを見ながら電話をかけると思いますが、その中に「電話をしてきでもいいよ」と許可をもらっている相手が何人いるでしょうか?テレアポとは、許可をもらわずに電話をする一方的な行為です。したがって、こちらの申し出を受けてくれるかわからない状態で電話をするのです。私の場合は、かけた全員にアポを取ろうとするのではなく、お客様としてアポが取れそうな人とそうでない人を聞き分けて、対応を変えています。お客様になりそうにない人は深追いしません。極端な場合は「もしもし」と相手が言った段階であきらめる場合もあります。相手の「もしもし」がとても忙しそうだったり、明らかに迷惑そうな声の場合は用件も告げずに、「間違えました」と言って電話を切ることすらあるのです。