放課後等デイサービスの目的

放課後等デイサービスでは、就学前の発達支援はその子供の持つ最大限の発達を即すことを目的にしたボトムアップ方式の支援が中心になります。学齢期においては学校卒業後の進路や成人期の地域生活をイメージして様々な経験や必要なスキルの獲得を目指すトップダウン式の支援が求められる。トップダウン式の支援では学校や医療過程と目指す方向性をすり合わせたうえで支援の方針や手法などを統一してこどっもにとって混乱のない環境で相乗的に発達をそくすることが求められる。一方で放課後等デイサービスでの支援は教育や医療では提供できない遊び中心の活動を提供したり学校や医療での濃密な指導や訓練を受けている場合にはゆったりと休息させることも必要です。放課後等デイサービスではこれらの要素が一人一人の子供に応じてバランスよく提供されることが重要です。