放課後等デイサービスのガイドライン

検討会の報告を受けて障害児通所支援に関するガイドライン策定検討会が厚生労働省において開かれ最初に放課後等デイサービスガイドラインが策定された。放課後等デイサービスの提供形態は多様で支援はこうあるべきという枠を示すことは困難であるという前提に立ちながらもしょうがいのある学齢期のこどもの健全な育成を測るという前提に立ちながらも障害のある学齢期の子供の健全な育成を図るという根幹は共通しており、各事業所の理念や目標に基づき創意工夫を図ることや提供する支援の質の向上に努めることをガイドライン策定の趣旨としている。