テレアポ
テレアポ
テレアポ
Arrow
Arrow

アポ後の言葉

お客様と友好な関係構築のために、私がテレアポの最後に必ず付け加える言葉を本章の最後にご紹介したいと思います。「OO様、お会いできるのを楽しみにしています」電話でアポが取れた場合、こう言って締めくくるようにしています。文字にして書いてみるとなんてことはないフレーズに見えますが、とても効果のある言葉です。アポイントが取れたら、「では失礼します」でガチャリ。これでは相手にいい余韻を残せません。なぜなら、会う相手は「あなた」でなくてもいいからです。「終わり良ければすべて良し」と言われます。テレアポの締めに何を言うか、何をするかは重要です。会うということが決まると、相手のスケジュールにあなたと会う予定が書き込まれます。そして、相手は、どんな人が来るのだろう?どんな話をするのだろうとイメージします。しかし、あなたの顔がわからないので、イメージがなかなかふくらみません。会う前は、このような暖昧な状態です。この暖昧な状態をうまく利用しましょう。電話の最後に、ほかでもない自分を指定して「OO様とお会いできるのを楽しみしています」。こんなことを言う人はどんな人だろう?誠実な人?仕事ができる人?決して、悪い印象はもたないはずです。

 

世間の営業のセオリーとしては、会ってからが重要なので、そこに全精力を注ぎ込みなさいと言われます。このこと自体は間違っていません。しかし、これは誰でもわかっていることで、事前に準備したり、注意することはできます。本当にできる営業マンは、会う前の電話の段階から、一歩リードしているのです。