放課後等サービスの創設

放課後等デイサービス創設のきっかけとなった障害児支援の見直しに関する検討会報告書では、学齢期、青年期支援策として放課後等における居場所の確保が重要であること、卒業後の就労や地域生活に向けた教育、福祉、就労の連携が重要であることが指摘されました。放課後等デイサービスの支援は保護者の方の仕事と子育ての両立支援及びレスパイトという家族支援的な意味合いも強いがこどもにとっては学校や家以外で過ごす第三の社会的居場所という重要性も忘れてはいけない。障害のある子供は障害のない子供のように友人関係や行動範囲は広くなく活動のレパートリーも少ないことから放課後等はどこにも行かずに家庭で過ごすことも少なくない。さらに障害の程度が重い場合は広域で設置されている特別支援学校への通学もしくは寄宿舎で生活していて自分の住む地域での活動や仲間との交流をの飛渡望めないのが現実です。

★民間の横浜市の放課後等デイサービスは、カルチャーズデイがおすすめです。